>
エンディング ノート

エンディング ノート

 エンディングノートとは?

 

 誰でも一度は死について考えたことがあるでしょう。
 しかし、自分が亡くなったときに遺された方は…と考えられる方はいらっしゃると思いますが、自らの死の準備をされる方は少ないでしょう。
 人間はいつかは死を迎えます。
 たとえば、認知症を発症した老後やその後の自分の死について語ることは、はばかることではありません。
 単なる縁起や不安から目を閉じても、やがて否応なく「その時」を迎えます。
 ご自身の終末期や死後の事を考え、準備しておく事は大切なことです。
 ご自身の終末期はどう過ごし、どこで死を迎え、死後を誰にどのような形で託したいか、また周囲の人も、そもそも本人が判断力を失ったとき、どう対処すればよいか、ご本人の意向がわかれば、ご家族はいざという時に迷ったり悩んだりする必要がなくなります。
 あなたの死や儀礼儀式についての考え方、交友関係、保険、相続など配偶者でも分からないことが多々あるのも事実です。
 遺された方々への混乱をなくし、安心と平穏のためにも、ご自身のことを本書にご記入して頂くことにより、ご家族の羅針盤となり、少しでも遺された方々のお役に立てれば幸いです。
 遺言は遺言者の意思を法的な拘束力をもって執行するのが目的ですが、このノートはご自身の思いを知ってもらうために書いていただくものです。しかし、家族・親族間でもめ事になりやすい終末期の処置や葬儀の行い方、故人の遺品処分なども、このノートがあれば丸く収まることになります。
 自分の生い立ちや、家族へのメッセージ、これからの夢など、あなたの思いを書き記すことができるノートです。
 あなたのかけがえのない人生を書き記す事は、万が一の備えになることはもちろんですが、あなたの人生を思い起こす貴重な時間になるでしょう。
 「後に残る家族に自分の意思を伝えておきたい」「自分で出来ることはしておきたい」…そうお考えなら元気なうちに意思を書きとめ、信頼できる人に託しておきましょう。
 あなたの好きな時間に好きな分だけ、あなたのペースでお書きください。

 

 ご希望の方へは無料(永年無料の個人会員入会の方)でお分けいたします。

 ご希望の方は電話又はメールでお問い合わせください。

当社オリジナル『エンディングノート』