>
葬儀基礎知識

 

葬儀基礎知識

 

適切な弔事の服装 受付での心得 対 面 献 花 線 香 玉 串

席 順 香 典 焼 香 廻し焼香 座礼焼香 立礼焼香 座礼焼香

 


 

 

適切な弔事の服装 
 

女性(和装)
 

  黒羽二重、染抜き五つ紋付き。

  夏なら駒絽なども。

  黒襦袢・半襟は白。

  飾りはつけない。

  化粧は地味に。
  黒の袋帯で地味な地紋なら可。

  帯締め・帯揚げとも黒。

  バッグは黒の布製。革なら光沢の無いもの。

  足袋は白。

  ぞうりは鼻緒も含めて黒。

  布製または革製の光らないもの。

 

 

女性(洋装)
 

  黒無地で光沢のないスーツやワンピースなど。

  長袖。

  襟元の詰まったもの。

  スカートはひざが隠れる丈に。

  アクセサリーは結婚指輪だけに。
  黒の布製で金具の光らないもの。

  革製なら光沢や飾りの無いもの。
  靴は黒で飾りや光沢の無いもの。

  ストッキングは黒または肌色。

 

 

男性
 

 スーツはブラックスーツ。

 ダブルは六つボタン。

 シングルなら共布のベスト。

 シャツは白無地、カフスボタンは黒石製。

 ネクタイは黒無地・結び下げ、タイピン無し。
 ズボンの裾はシングル。

 靴は黒い革製で、光沢・飾りの無いもの。

 靴下は黒無地。


 ※遺族の男性の正式礼装はモーニングですが、

   実際には喪主でもモーニングまで着用する人は少ないです。

 

 

子供
 

  制服があればそれを着用。
  女の子は無地のワンピースか地味なブレザー・スカート・白いブラウス。
  男の子は地味なブレザー・ズボン・白いシャツ。
  男女とも黒靴。

 

 

 ▲TOP


受付での心得

 

 

 受付でも簡単なお悔やみの言葉を。

 

 

 

 名刺を出すときは、左下の角を折る。

 

 

 ▲TOP


対 面

 

 

  故人のそばで一礼、布を取った顔を拝見。

 

 

 

  合掌し一礼、少し下がり遺族に一礼。

 

 

 ▲TOP


献 花

 

 

    献花台に進んで一礼する。

 

 

 

    花の根元を祭壇に向けて捧げる。

 

 

   

   左親指が上になるように組んで、黙祷する。

 

 

 ▲TOP


 線 香

 

 

 遺影に一礼してから、ろうそくの炎で線香に火をつけます。

 線香は一本でよいでしょう。

 

 

 

  線香の炎が消えないときは、左手であおいで消します。

  息を吹きかけて消さないように。

 

 

 

   線香を香炉に立てたら、合掌し、深く一礼して辞します。

 

 

 ▲TOP 


玉 串

 

 

   神官から受ける。

 

 

 

   根元を手前に持つ。

 

 

 

    右手でつまんで矢印の方向に回す。

 

 

 

    根元を祭壇に向けて捧げる。

 

 

 ▲TOP


席 順

 

 

       

 

 

 ▲TOP


香 典

 

 

  受付に出すときは、名前を先方に向けて差し出し、

  霊前に供える場合は、名前を自分に向けて差し出す。
  香典はむき出しにせず、必ずふくさに包んで持参する。

 

 

 

 香典袋の表書きの氏名はフルネームで、

 記入欄には住所や所属先も必ず書き添えて下さい。


 上書きは「御仏前」ではなく「御霊前」とするのが一般的です。
 連名で出すときは、目上の人を先に書き、

 以下左に書き連ねます。

 

 

 ▲TOP


焼 香

 

 

    右手の指3本(親指・人さし指・中指)で香をつまむ。

 

 

 

     目の高さまでおしいただく。

     ※宗派によっては、しない場合もあります。

 

 

 

     香炉にそっとくべる。

 

 

 

     合掌をする。

 

 

 ▲TOP


 廻し焼香

 

 

   前の人に軽く礼をして香炉を受け、

   次の人に「お先に」とあいさつをする。

 

 

 

   香炉を前に置き、遺影に向かい合掌。焼香後にも合掌。

 

 

      遺影に一礼し、次の人へ。

   

 

 

 ▲TOP


 座礼焼香

 

     中腰で歩き、祭壇前から遺族・僧侶に一礼。

   

 

 

     

    遺影に一礼し、ひざで祭壇に寄り合掌・焼香。   

 

 

 合掌後ひざで後ずさりし、遺族・僧侶に一礼、自席へ。

   

 

 

 ▲TOP


立礼焼香

 

   まず遺族・僧侶に一礼。

   

 

 

     

     焼香台の前で遺影に一礼してから合掌・焼香。   

 

 

        合掌し、後ずさりして再び遺族・僧侶に一礼。

   

 

 

 ▲TOP


座礼焼香

 

    一連数珠、使わないとき 

   

 

 

     長数珠、使わないとき

   

 

 

     合掌のとき

   

 

 

    焼香のとき

   

 

 

   現在は略式の一連数珠で弔問する人が多くなっています。
   長い数珠は二重にし、一連数珠はそのままで左手親指と人さし指の間にかけて持ち、

   房は下にたらします。
   席を外すときにイスや畳の上に置いて行ってはいけません。

 ▲TOP