社 史

創立趣意書 【昭和27年(西暦1952年)

 

何事業によらず化学的に講究運営せねばならぬことは時代の要求である。
現在、松江市に於いて行われている冠婚葬祭に関する式典は種々、多様であり直に非化学的なものが多い。
殊に葬儀関係については松江市営として千篇一律の取扱いがなされつゝあるに止まり、しかも実にお役所的である。
家庭に貧富の差があり、従って式費に就いても同様で、これを一律に取扱うことは一部に多大の苦痛を与える結果を生じ、合理的でない。
そこで民間の施設を要望する声が逐日、昴まりつつあることはまことに当然であり、これに応じて本社の発足が計画されるに至ったのである。
民間事業の長所は臨機応変、民衆の要望に即応する処置が容易に講ぜられる点にある。
本社特に此点に留意し、一方兎角封建制を脱し得ない種々な悪慣例を排除し、合理的な改善の途を拓かんとするものである。
従って婚礼式儀調度品の斡旋その他仏事、祝典の諸事万端、吉凶の生造花、香典返し等、周到な用弁を果たし煩雑な手数並びに冗費の節約を計るものである。

 

○昭和27年1月/設立発起人会を初めて寺町誓願寺に於いて開催

 

○昭和27年4月/会社設立発起人名
 坂根繁雄 山田義直
 金田文一 英田義一
 瀬崎龍藏 松本義信
 石倉慶通 佐藤健雄
 太田實廣

 

○昭和27年8月/設立登記
 会社事務所 松江市東本町4丁目3番地
 資本金 20万円

 代表取締役 坂根繁雄


 

○昭和30年3月
 代表取締役社長 瀬崎龍藏


○昭和34年3月
 代表取締役社長 金見文市

 

○昭和41年3月
 代表取締役社長 太田實廣

 

○昭和45年3月
 霊柩自動車運送事業免許を取得
 運輸省中国陸運局No.116号
 小型バス型運行開始

 

○昭和48年3月
 代表取締役社長 太田秀夫

 

○昭和50年3月
 会社事務所を南田町32番地に移転
 西川津町市成に車庫、作業場を開設

 

○昭和57年10月
 会社営業所、車庫、倉庫を西浜佐陀町に開設、移転

 

○昭和63年
 35周年記念事業 松江市プラバホールに楽器「チェンバロ」を寄贈

 


 大庭地区の市営斎場・新設建築に伴い、ロビーホールに壁画を寄贈

 

○平成3年10月
 資本金 4,000万円に増資

 

○平成9年6月
 新社屋、ハクアイ会館(専用)を東津田町に竣工し、移転開業

 

○平成11年8月
 カワツ会館(専用)を西川津町に竣工し、開業する

 

○平成12年
 代表取締役社長に小林忠夫

 

○平成13年
 50周年記念事業 松江市内の学校、病院施設に車椅子80台寄贈

 

○平成15年
 資本金8,000万円に増資
 代表取締役に太田敦久

 

○平成20年4月
 春日会館(専用)を春日町に竣工し、開業する

 

○平成24年6月

 カワツ会館にエコ・ホール増設